excitemusic

「知的健康生活」を追求します
by 1manpo_club
ICELANDia
メモ帳
カテゴリ
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2004年 08月
2004年 07月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
1000個以上の惑星候補..
from 時々時事爺
鳥人計画 著:東野圭吾
from piece of life ..
PLC は人に迷惑を与え..
from ミラーサイト
キンキキッズ 曲
from Kinki Kidsのちょっ..
ルービックキューブリベン..
from 本日のニュース
バレー
from 縁日の帆影
ホテルニューオータニ ロ..
from ホテルの格安予約プラン
昭和を代表するコメディア..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
受験勉強中の方 必見 脳..
from 超脳力らくらく勉強術 ~脳は..
英語を使う、英会話をマス..
from 英語をマスターする英会話&英単語
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2011年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

「片想い」東野圭吾

社会的に「性同一性障害」という微妙な話題を扱った作品である。

・女の体を持ち意識は男の女性
・男の体を持ち意識は女の男性
・中性の体を持ち意識は女性の女性
・中性の体を持ち意識は男性の男性
様々なパターンがある。

ここで登場するのは、上記の上から3つのタイプの人物が登場する。
中心人物は美月という「女の体を持ち意識は男の女性」である。
小さい頃は男の子の恰好をしてもおかしくはないが、年頃になるに
従って親の女らしくさせようとする圧力が高まる。

そこから美月の苦悩が始まる。男でありたいと思うのに体は女らしく
なっていくことの苦しさ、悩み。私には想像のつかない世界である。
彼女はやがて大学に入りアメフトのマネージャになる。
心の内は仲間には明かせない。その内の一人と恋愛もした。恋愛が
成り立ったのは相手の実の母親も同じタイプだったからだ。
しかし関係は長くは続かなかった。

卒業し親の勧めで見合いをし結婚をした。男の意識を捨てられる
かも知れないという可能性に賭けて子供も産んだ。しかし意識を
変えることはできなかった。ある日どうしても自分をだまし続ける
ことができなくて突然置手紙を残して家出をしてしまう。

その後美月は男として生きることを決め男性ホルモンを打ったり、
声帯を痛みつけてハスキーは声にしたりして生きてきた。見かけは
全く女性だが実は元男性という女性と付き合うようになる。

その女性にストーカが現れ、そのストーカが殺される事件が起きる。
美月は警察に自首する前に昔のアメフトの仲間に会うところから
この物語は始まる。当時のクォータバックだった男に会ったことが
その後の美月の運命を変えることになった。QBは男装をしている
美月を見てなんとか力になりたいと思い、美月に隠された謎の解明に
乗り出す。

非常に重いテーマである。世の中には性同一性障害で悩む人が
たくさんいるらしい。男と女の「意識」の差は微妙だ。誰しも
反対の性の要素を必ず持っている。100%男であるとか女であるとは
断言できない面がある。

これは社会の「裏側」の世界がテーマである。
推理小説としてはストーカを殺した真犯人は誰かが最後に明らかに
される。私にはいろいろな性同一性障害者が登場して、しかも
戸籍を交換する話も出て頭がこんがらがってしまった。

見かけで人は判断できないということを強く認識させられた小説である。

2011年3月31日(木)の実績は、
11540
でした。

平均 11128.6
合計 24126849
日数 2168
瞬間年間歩数 4061946
直近10日間平均 10256.0
[PR]
by 1manpo_club | 2011-03-31 12:30 |

笑顔

早くも3ヶ月になる孫の笑顔が素晴らしい。
つい最近まで表情に変化が乏しく、反応も鈍かったのがこのところ
急激に表情が豊かになり、人の目を見るようになった。そしてあやすと
微笑みを浮かべたり、声を出して笑うようになった。

赤ちゃんの笑顔はこの世で最高のものである。何の混じり気もない
純粋な心から発する笑顔は何ものにも変え難い。特にじいさんである
私の顔を見て微笑み、笑う姿を見ると愛しさで一杯になる。

昨晩は次男夫婦が借りた車を返しに久しぶりに家に来て、私が帰宅
するまで居た。話題の中心はやはり赤ちゃんである。
次男夫婦はまだ若いからしばらくは子どもを作らないのかもしれないが
赤ちゃんを見て大いに興味を持ったようだ。

我が家は孫を中心に回っているような感じがする。
夜9時頃になると長男夫婦で赤ちゃんを風呂に入れる。まだ小さいので
ベビーバスにお湯を張って体や頭を洗うのである。新陳代謝が激しい
ので毎日の入浴は欠かせない。

風呂からあがって洋服を着せるところまでが長男夫婦の役割である。
風呂に入っている間にカミさんがミルクを作っておく。
着替えが終わるとばあさんの膝の上でミルクを飲む。お腹が空いて
いるので吸う力が凄い。一気に飲み干してしまう。

ミルクを飲んだ後はげっぷをさせる。それからが赤ちゃんのゴールデン
フェースを拝める時間帯だ。風呂上りでさっぱりし、ミルクを飲んで
満足しているから笑顔も自然にこぼれるのだろう。

その後はばあさんの抱っこで目を閉じて眠ってしまう。眠ると
ばあさんはソファに座り、孫はしがみつくような格好でお腹の上で
眠るのである。深夜までこの格好でいることが多い。

生後百日目に行なう「お喰い初め」が近づいてきた。

2011年3月30日(水)の実績は、
9936
でした。

平均 11128.4
合計 24115309
日数 2167
瞬間年間歩数 4061877
直近10日間平均 9956.0
[PR]
by 1manpo_club | 2011-03-30 12:30 | 家族

軽自動車

娘夫婦が車で我が家を訪れ一泊していった。
都心で親戚の子の高校合格祝いを兼ねて食事会があるという。
車で来たのはこれが初めてではない。娘も運転できるから
海老名SAで交代して来たという。

彼等の車は軽自動車である。五反田のTOCに買い物があるという
ので娘の運転で私は助手席で出かけた。
ナビはタッチパネル式でETCカード読み取り装置は音声応答付き
である。この点は我が愛車よりも優れる。

乗り心地はやはり普通車と大きな差があることは否めない。
エンジン音が高く室内はとても静かとは言えない。
排気量660ccというエンジンの宿命であろう。仕方がないことだ。

それ以外は言うことはない。若い二人が買い物をし移動するには
十分な機能・性能・居住性を持っている。燃費が良いことと、
重量税が格段に安いことを考慮すれば全く問題はない。

今まで何が大変かといえば買い物の際、重い荷物を手で運ばなければ
ならなかったことだ。それが解消しただけでも車を購入した価値が
あっただろう。

帰りは私が運転していった。ギアチェンジの時に若干の衝撃がある。
我が愛車ではCVT(無段階変速ギア)により非常にスムースである。
また我が愛車にあるOV(オーバードライブ)機能(エンジンの回転数を
落とす)がないのでアクセルを放すと常にエンジンブレーキがかかる
状態だった。走るという基本性能については全く問題ない。
速度メーターにあった140km/hまで速度を出せるか疑問だが、街中を
走る分には十分であると思った。

そして夕方。羽根付き餃子で簡単な食事をして帰っていった。
親心から米を少々、卵を持てるだけ、その他食材を持たせた。
次に会える時は分からないので彼等の無事を祈りつつ見送った。

2011年3月29日(火)の実績は、
9627
でした。

平均 11129.0
合計 24105373
日数 2166
瞬間年間歩数 4062078
直近10日間平均 11118.4
[PR]
by 1manpo_club | 2011-03-29 12:30 | 乗り物

今問われていること

今回の大地震の被災地の方々の事を思うと言葉が出ない。
肉親を亡くされたことだけ取っても耐え難いことなのに、基盤となる
家を根こそぎ流され全財産を失った。更に生活の糧となる仕事が
無くなってしまった。その上での避難所での厳しい生活。これでは
おかしくならない方が不思議な状況だ。寒くて熟睡もできない避難所で
どんな気持ちでおられるか。私には想像だにできない。

さらに原発の避難区域では行方不明者を探すことすら許されない。
この世にこんな理不尽なことが存在していいのだろうかとさえ思う。

私は以前、家が火事になり家と肉親を同時に失った経験がある。
その時はこんな理不尽なことがあっていいのだろうかと思っていたが、
今回の大地震による津波の被害は私の苦難をはるかに上回る。

家、父を失っても私には家族が居た。仕事が続けられた。真冬の2月に
焼け出されたが妻の実家が近くで寝るところは何とかなった。
不便な生活ながらもトイレや風呂は普通に使えたから、家の後片付けを
コツコツと根気良く続けていけば良かった。

それに比べて今回の被災地の状況は余りにも絶望的である。
いつの日か希望を持って生活できる日はくるのであろうか?
今、私達に問われているのは、困難な状況に陥っている被災地の
方々のために何ができるかを考え少しでも行動することでは
ないだろうか?それも一時的なことではなく継続的に日本人全体で
被災地の方々をサポートしていかなければならない。

今こそ一人ひとりの姿勢と政治の力が問われているのだ。

2011年3月28日(月)の実績は、
10278
でした。

平均 11129.7
合計 24095746
日数 2165
瞬間年間歩数 4062331
直近10日間平均 11172.2
[PR]
by 1manpo_club | 2011-03-28 12:30 | 随感

「龍馬残影」津本陽

龍馬が関与したいろは丸と紀伊藩所有の明光丸との衝突事件の顛末の
詳細が描かれた小説である。

事実は必ずしも司馬遼太郎の小説「龍馬が行く」や昨年の大河ドラマ
「龍馬伝」の中で描かれた海難事件とは異なるようだ。
上記小説はあくまでも龍馬側からみた描写であったことが分かった。

実際にはいろは丸側に非があったものを龍馬の画策と後藤象二郎と
薩摩藩の圧力を背景に無理やり紀伊藩が賠償金を支払うことに決着
させられたらしい。この事実を作者は紀伊藩側からと龍馬側から
描いている。つまり紀伊藩がわからは道理を通そうとする動きと
龍馬側では何とか圧力をかけ早期に決着をつけようとする動きだ。

歴史上の出来事は多面的にみないと真実が見えて来ない。結果だけ
からみても真実は見えないことがよく分かった。

いろは丸を購入し、亀山社中に貸し出すことになった大州藩にとっても
龍馬の亀山社中にだまされた形になっている。必ずしも亀山社中が
善であり正しいことをしてきた訳ではないことが分かる。
作者はこの辺の事実をこの小説で明らかにしたかったのであろう。

この作品の最後に「あと書きにかえて」『「龍馬暗殺」を再現する』
として事件の真相に迫る記述がある。それによると坂本龍馬と中岡
慎太郎は一人の刺客によって数秒の内にやられたらしい。

龍馬については、その偉大さについてはいささかも揺るぎはない
ことは確かである。龍馬が活躍すればするほど、これを苦々しく
思う人間もまた存在するのである。これが事実である。
[PR]
by 1manpo_club | 2011-03-27 12:30 |

グーグルの地図

グーグルのストリートビューが更新されていた。
しばらく火事前の昔の家が見えていて、それがちょっと前までは
火事跡の無残な家になっていた。が、今日覗いて見ると新築の家に
なっていた。どうやら1年間くらいの間隔でストリートビューを撮影
しているらしい。

グーグルの地図で自宅の住所を入力すると地図の左側に最新の
ストリートビューが表示される。その画像をクリックすると右側に
大きくストリートビューが表示される。360度撮影されているから
お向かいの家や道路の左右までもはっきり映っている。

フラッシュポイントに不備があるのか、視点を移動させようとすると
残念ながらクラッシュしてしまった。

最新の家の画像は一昨年の12月に撮影されたものだろうか?まだ
外構が完成していない。塀はできているが塗装がこれからという
段階だった。白のセレナが鎮座していた。

グーグルアースで我が家を見てみたが強い西日で南側の塀の影に
なっていて詳細な状態は分からなかった。外構が完成しているか
どうか分からない。真上から屋根を見ると暗い色(実際は茶色)で
新築の家かどうかは分からない。それでも白のセレナが鎮座して
いるのは分かる。

それにしても1年間程度の間隔でストリートビューを撮影し直す
のは大変であろう。グーグルならではの仕事だ。

グーグルの地図で陸前高田市を見た。画像は粗いが震災前の街並み
が分かる。今、その街は消えてしまった。
[PR]
by 1manpo_club | 2011-03-26 12:30 | 便利な物

メール

会社の事業所移転プロジェクトの仕事が舞い込み、急に忙しくなった。
社内メールや保守メールなど仕事に関係するメールが次々と舞い込み
受信箱の未読メールが400個を超えてしまった。

これらのメール全てが直接私宛に来るわけではない。いろいろな
メーリングリストに入っているために来るメールもある。すぐに
読んで対応すべきメールは限られているから、そのようなメールを
逃さず処理しないといけない。

それ以外は緊急性がないのですぐに読む必要はないが、時間ができた
時には読んでおく必要はある。ここに来て少し時間に余裕が出て
来たので懸命に未読メールを処理した。

その甲斐あって受信箱の未読メール数は60個前後に激減した。
これも少し気を緩めるとどんどん溜まって行くから要注意である。
仕分け先を誤ると探せなくなるので慎重さも必要だ。

スパムメールは受信前にガードしてくれるので助かる。
会社ではWebメールご法度なので転送しているが、多くはメーラーの
自動振り分け機能を使って適当なフォルダーに振分けるから受信箱には
溜まらない。

数えたことはないが保存しているメール数は10万個を超える。
ディスク上のサイズは14GBを超えている。
ディスクが壊れると私の仕事がなくなる。
[PR]
by 1manpo_club | 2011-03-25 12:30 | コンピュータ

地震後の買い物

近くのスーパーやディスカウント店の店先には米やティッシュ、
トイレットペーパー、電池などの商品が棚から姿を消した。
我が家では日頃からストックがありさし当たって困らないと思って
いたが、唯一米が底をついてきた。

この連休で最寄の「コストコ」へ買出しに出かけた。例の如く
もの凄い行列を覚悟していたが開店の10時前に出かけたのが効を
奏して、駐車場にはすぐに入ることができた。中に入ってみると、
やはり通常のその時間帯にしては混んでいた。

目的の米の売り場に行ったら10kg入りの米の袋が文字通り山のように
積まれていた。会員一人2袋までという制限がついており2袋をまず
カートに積み込んだ。

20個入りの玉子のパックを4個。この中の2個は知り合いのところに
いる福島県から避難してきた家族への差し入れ用である。

36個入りのトイレットペーパー。カミさんによると安いわけでは
ないが試しに買ってみたそうだ。その他いろいろな物を大きなカートに
詰め込んだ。

ここ「コストコ」では世間の品不足は関係が無いらしい。品物は大量に
置いてあり、安心できる風景である。500ml36本入りの飲料水のパック
を幾つもカートに載せている人も多かった。

2011年3月24日(木)の実績は、
10476
でした。

平均 11130.1
合計 24085468
日数 2164
瞬間年間歩数 4062475
直近10日間平均 11180.1
[PR]
by 1manpo_club | 2011-03-24 12:30 | マネー

停滞

東北関東大地震の影響は大きい。直接的に被災地は人的に物的に
莫大な被害を受けた。それに加え福島県では原発事故で何十万人の
方が避難生活を強いられている。電子力発電所事故で電力の供給が
需要を下回り計画停電が始まり、経済活動に暗い影を投げかけている。

この地震でいくつかの製油所が被害を受けガソリンの供給が滞って
いる上に心理的な買いだめ現象が起こり、街中でガソリンを満足に
入れられなくなった。

鉄道の不安定な運行とガソリン不足によって人々は買い物や観光地に
出かけなくなってしまった。それがじわじわと地域経済、地方経済を
しめつけ始めているらしい。私もいつガソリンを満タンにできるか
分からないので車をほとんど使わなくなってしまった。

「いちご狩り」は今が旬だが、いちご狩りに出かける人が激減したり、
浅草の観光客もかなり減り、先ごろ634mに到達したスカイツリーの
周辺も見物人が激減しているそうだ。
中国からパンダを迎えた上野動物園も閉園が続いている。
普段なら人で溢れる銀座通りを通る人も少ない。
節電のため街も非常に暗くなり、主要なデパート、駅ビルの店も
6時で閉店となってしまう。

経済活動の大幅な停滞である。観光地や小売業でまず売上げが減り、
やがて大きな企業でもその影響は免れない。経済の負のスパイラルに
入り始めた感がある。ガソリンについては供給量が増える見通しが
あるが、首都圏の安定した電力供給にはまだしばらく時間がかかり
そうだ。

ただでさえ厳しかった卒業生の就職がますます厳しくなりそうだ。
日本の将来に希望を見出せるようになるのはいつになるだろう。

2011年3月23日(水)の実績は、
11030
でした。

平均 11130.4
合計 24074992
日数 2163
瞬間年間歩数 4062585
直近10日間平均 11311.3
[PR]
by 1manpo_club | 2011-03-23 12:30 | 随感

液化現象

今浦安市も地震の大きな被害を受けている。
今も断水が続き、不便な生活を強いられている。
上下水道、ガスが止まっている場所もある。
飲料水なら何とかなるが、下水が使えないとなると厳しい。
何故浦安市に都内のほかの場所には見られない大きな被害を受けたか?

浦安市はディズニーランドを含め比較的新しい埋立地の上にある。
今回の激しい地震の揺れで地下の土砂が揺さぶられ液体のように
なる「液化現象」が発生した。この現象により地盤が大きく動き
水道管などの破損を生じたのである。

液化現象で特徴的なのが水や砂の地面からの噴出しである。
市内の至るところで水と砂が噴出し、地盤沈下を引き起こした。
建物までは傾かないが塀が大きく傾いたり、建物の周りに大きな
段差が出来た。

液化現象を驚異を目の当たりにしたのはあるテレビ映像だった。
歩道上のタイルの境が10cm以上スーッとずれる映像である。
そして水と砂が噴水のように湧き上がる映像。
湧き出した砂はその後カチンカチンに固まり、ハンマーで叩かないと
割れないほどの硬さになっていた。街の方々に砂の山が出来た。
風によって砂が舞い、健康上にとっても宜しくない影響を与えている。

浦安市に限らず、京葉線沿線の街は似たような現象が起きた。
私が地震に会った新習志野駅前でも水と砂が噴出していた。
数日経って行った海浜幕張駅付近も砂が堆積し、歩道が波打ち段差が
生じていた。これらの修復には多大な年月と予算が必要だろう。
風の強い日は浦安市と同様に地表に堆積した砂が舞い、目も開けて
いられない。

ディズニーランドも地震の日以来休園が続いている。中の施設には
大きな被害がなかった模様だが、駐車場は液化現象によって多量の
水と砂が出たらしい。その処理は済んだというが、計画停電により
安定的な交通手段の確保ができないため再開の期日は決まっていない。

お陰で通勤で使っている京葉線が非常に空いていることと、東京駅の
乗換えで利用する動く歩道の流れが非常にスムースなのである。

2011年3月22日(火)の実績は、
10690
でした。

平均 11130.4
合計 24063962
日数 2162
瞬間年間歩数 4062602
直近10日間平均 11186.9
[PR]
by 1manpo_club | 2011-03-22 12:30 | 自然